本文へスキップ

日本渡航医学会 JSTH (Japanese Society of Travel and Health)

薬剤師部会Pharmacist Group

日本渡航医学会薬剤師部会発足の経緯

平成27年7月24日の理事会にて、薬剤師部会の設置が承認された。
第19回日本渡航医学会学術集会開催中の平成27年7月25日薬剤師会員の有志により、薬剤師部会準備委員会を開催し部会立ち上げに至った。

薬剤師部会 規定 (PDF

薬剤師部会 目的

  • 日本渡航医学会の目的・事業の趣旨に沿い、薬剤師の活動を通してインバウンドを含む渡航者の健康に関する諸問題に取り組み、渡航者の健康増進に関わる薬剤師の知識・技能の向上・発展に努める。

運営委員

部会長  櫻井 眞理子 (拓生会奈良西部病院)
運営委員 太田 聡子 〔統括〕
     小谷 宙 (慶応義塾大学病院)
     長谷川 充 (帝京大学医学部附属病院)
     藤澤 宗央(成田赤十字病院)
顧問   古閑 比斗志

活動

2017/11/25
グローバルヘルス合同大会2017(東京大学本郷キャンパス)
シンポジウム〔薬剤師部会企画〕

テーマ「グローバルヘルスファーマシーの確立に向けて 薬剤師の渡航医学テイクオフ!」

座長: 櫻井眞理子/長谷川充

演者:濱田 篤郎先生(東京医科大学病院 渡航者医療センター)
渡航医学と薬剤師〜日本におけるグローバルファーマシー構想 (PDF)

佐藤 厚(London Drugs)
カナダの薬剤師から考える日本の薬局薬剤師の渡航医学における可能性 (PDF)

瀧藤 重道 (このみ薬局・愛知学院大学薬学部臨床薬剤学講座)
保険薬局におけるトラベルファーマシー実現への取り組み (PDF)

古閑 比斗志(医療法人社団春日部さくら病院)
危機管理としての薬剤について (PDF)

2016/7/24
第20回日本渡航医学会学術集会 (倉敷市芸文館) ミニシンポジウム〔薬剤師部会企画〕

テーマ「グローバル時代における輸入感染症の治療薬」

座長: 櫻井眞理子/古閑比斗志

演者:加藤 康幸先生(国立国際医療研究センター 国立感染症センター 国際感染症対策室)
熱帯病治療薬研究斑による国内未承認薬の臨床試験 (PDF)

藤澤 宗央 (日本赤十字成田赤十字病院 薬剤部)
輸入感染症診療における薬剤師の係わり (PDF)

小谷 宙 (慶応大学病院 薬剤部)
輸入感染症治療への薬剤師の課題 (PDF)

2016/2/1
『薬剤師の渡航医学への関心調査』実施 
調査の概要と結果(PDF)
2015/7/25
薬剤部会 準備委員会開催
議事録(PDF)

薬剤師部会の入会について

薬剤師部会入会の希望者は、日本渡航医学会会員の薬剤師に限ります。
日本渡航医学会の入会申し込み時に薬剤師部会入会を行ってください。

 ホームページからのお申し込みはこちらから
※“その他情報”入力欄“薬剤師部会入会希望有無”で“希望する”を選択してください。

メールで入会申し込みをする場合は、こちらをご参照ください。

既に日本渡航医学会会員の薬剤師の方で、これから薬剤師部会に参加される場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

バナースペース

日本渡航医学会

〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル 編集室なるにあ内

tramedjsth@narunia.co.jp

TEL 03-3818-6450
FAX 03-3818-0554