本文へスキップ

日本渡航医学会 JSTH (Japanese Society of Travel and Health)

学会誌についてJournal

1. 本学会誌は、渡航医学(旅行医学、トラベルメディスン)の様々な事項に関する投稿論文を受け付ける。渡航医学とは海外渡航に関連する健康問題、すなわち感染症、慢性疾患、救急疾患、航空医学的疾患、高山病、潜水病、長期滞在に伴う問題などにつき、それらの予防、診断、治療、公衆衛生対応などを広く学際的に扱う分野である。

2. 投稿論文は原著論文、症例報告、短報、総説などに分けられるが、和文論文で、他誌に未発表のものに限る。

3. 投稿論文の筆頭著者および連絡先著者は本学会員に限る。ただし、総説に関しては、編集委員会より本学会員以外の方に執筆を依頼することもありうる。

4. 原稿については図表も含め、3部を提出する。1部は図表を含めてオリジナルのものとするが、他の2部はコピーでも可能である。

5. 原稿送付先は、〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル 編集室なるにあ内 日本渡航医学会誌 編集事務局 とする。

6. 投稿原稿の査読は2〜3名で行なうが、最終的な採否の決定は編集委員長が行う。なお、編集委員長は必要に応じて、編集委員会に意見を求めることもできる。

7. 本誌に掲載された論文の著作権は本学会に帰属する。

8. 論文の別刷りは著者負担とする。

※ 演題申し込みおよび発表の際には利益相反(COI)の開示が必要になります。

編集委員長 
春木 宏介 獨協医科大学越谷病院臨床検査部

編集委員
大越 裕文 渡航医学センター 西新橋クリニック
奥沢 英一 防衛医科大学校医学科
金澤  保  産業医科大学免疫学・寄生虫学教室
狩野 繁之 国立国際医療研究センター研究所
徳丸  治  大分大学医学部生理学第1講座
中村 安秀 大阪大学大学院人間科学研究科
波川 京子 川崎医療福祉大学
増山  茂  東京医科大学病院渡航者医学センター
山本 秀樹 帝京大学大学院公衆衛生学研究科



一般社団法人 日本渡航医学会誌 投稿規定

 本学会誌は,渡航医学(旅行医学,トラベルメディスン)の様々な事項に関する投稿論文を受け付ける.渡航医学とは海外渡航に関連する健康問題,すなわち感染症,慢性疾患,救急疾患,航空医学的疾患,高山病,潜水病,長期滞在に伴う問題などにつき,それらの予防,診断,治療,公衆衛生対応などを広く学際的に扱う分野である.
 投稿論文は原著論文,症例報告,短報,総説などに分けられるが,和文論文で,他誌に未発表のものに限る.
 投稿論文の筆頭著者および連絡先著者は本学会員に限る.ただし,総説に関しては,編集委員会より本学会員以外の方に執筆を依頼することもありうる.
 原稿については図表も含め,3部を提出する.1部は図表を含めてオリジナルのものとするが,他の2部はコピーでも可能である.
 原稿送付先は,〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル 編集室なるにあ内 日本渡航医学会誌 編集事務局 とする.
 投稿原稿の査読は2〜3名で行うが,最終的な採否の決定は編集委員長が行う.なお,編集委員長は必要に応じて,編集委員会に意見を求めることもできる.
 本誌に掲載されてた論文の著作権は本学会に帰属する.
 論文の別刷は著者負担とする.

執筆要領
構成
原稿作成
 原稿作成は、パソコンのワープロソフトを用いて行なうことが勧められる。用紙はA4版を用い、余白はすべて25 mmに設定する。原稿本体は表紙を含め、ページ番号を付ける。初回投稿は印刷物を提出するが、最終的に受理された原稿についてはディジタルファイルの提出も求められ、その際にはパソコンの機種(WindowsかMacintoshか)、ワープロソフト名を明記する。

原著論文
 (1) 表紙、(2)要旨、(3)序、(4)方法、(5)結果、(6)考察、(7)文献、(8) 図の説明、(9)表(説明を含む)、 (10) 図、の順番とする。論文の長さは約8,000字までとするが、図表がある場合には、1点につき400字を引く。

症例報告
 (1) 表紙、(2)序、(3)症例、(4)考察、(5)文献、(6) 図の説明、(7)表(説明を含む)、(8)図、の順番とする。論文の長さは約5,000字までとするが、図表がある場合には、1点につき400字を引く。

短報
(1)表紙、(2)本文(形式は自由)、(3)文献、(4) 図の説明、(5)表(説明を含む)、(6)図、の順番とする。論文の長さは約5,000字までとするが、図表がある場合には、1点につき400字を引く。

総説
 (1) 表紙、(2)要旨、(3)本文(形式は自由)、(4)文献、(5) 図の説明、(6)表(説明を含む)、(7)図、の順番とする。論文の長さは約8,000字までとするが、図表がある場合には、1枚につき400字を引く。

数量単位
 SI国際単位を基本とし、m,cm,mm,μm,nm,L,dL,mL,μL,kg,mg,μg,ng,pg,℃,%,hr,min,secなどを用いる。℃,%ではその前の数値との間にスペースを入れないが、他の場合に半角スペースを入れる(例:100 mg、60 kg)。

文献引用
 本文中あるいは図表の説明で引用した順番に、引用個所に右片カッコで上付きで表示する。

体裁
表紙
 表紙には、論文のカテゴリー(原著論文、症例報告、短報、総説)、表題、著者名、所属機関名、連絡先著者の氏名、所属機関、住所、電話番号、ファクス番号、電子メールアドレスを記載する。

文献
 引用文献の記載は数字の順番に行なう。
 基本的にバンクーバースタイルを採用するが,著者が6名以内であれば全員,7名以上であれば6名の後に“他”あるいは“et al.”とする.
・和文雑誌論文
宮村和夫,日谷明裕,木村幹男.わが国における旅行医学の質の向上を目指して - 海外における取り組みから学ぶ.日本医師会雑誌 2005;134:1763-9.
・英文雑誌論文
Hill DR, Ericsson CD, Pearson RD, Keystone JS, Freedman DO, Kozarsky PE, et al. The practice of travel medicine: guidelines by the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis 2006;43:1499-539.
・和文単行書
木村幹男.マラリア (バベシア症を含む).山口 徹,北原光夫,福井次矢 総編集,今日の治療指針 2006年版,医学書院,東京,2006;p.178-80.
・英文単行書
Wilde H. Rabies vaccine. In: Jong EC, Zuckerman JN ed. Travelers' Vaccines. BC Decker, Hamilton, 2004;p.200-18
・ウエブ
Centers for Disease Control and Prevention. Travelers' Health. Vaccinations. <http://www.cdc.gov/travel/vaccinat.htm>(2007年4月12日アクセス)

図の表題,説明文
 図の表題や説明文は「文献」の後に記載し、図の描かれた用紙には記載しない。

図(あるいは写真)
 図(あるいは写真)はディジタル化して原稿本体に含めるか、別添とする。これらは白黒オフセット印刷可能なものとし,写真の場合には裏側に鉛筆で著者名と図の番号を記す。


バナースペース

日本渡航医学会

〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル 編集室なるにあ内

tramedjsth@narunia.co.jp

TEL 03-3818-6450
FAX 03-3818-0554

join.htmlへのリンク