本文へスキップ

日本渡航医学会 JSTH (Japanese Society of Travel and Health)

添乗員医学教育プログラム

Travel medicine education program for tour conductors

 旅行業界より、渡航中に発生する医学的問題の対応策の一つとして、本学会に添乗員への医学教育の実施要請があった。その要請を受け、2005年7月30日より学会内に教育普及委員会が設置され、添乗員教育プログラムトラベルメディスン教育が完成した。
 トラベルメディスン教育は、学会が監修したテキストブックを用い、講習会形式で実施している。2006年3月15日第1回講習会が開催されて以来、2015年1月15日現在、のべ2114名が受講し、457名がトラベル ヘルス マネージャー(学会認定の講習修了者)の資格を取得している。

教育コース概要

  • 1、 ベーシックコース
    序論、海外での病院受診方法、航空機内で起こる病気、旅先での環境変化による病気、感染症、国内旅行における病気、具合が悪くなったときの応急処置。
  • 2、 アドバンスコース: 特に注意が必要な旅行者、ケーススタディ
  • 3、 ダイジェストコース: べ―シックコースのダイジェスト版


資格
  • 旅行健康管理者(トラベル ヘルス マネージャー)
    ベーシックコース、アドバンスコース修了者に授与。
    3年間で、5ポイント取得により、更新可能。

トラベルメディスン教育実施状況


バナースペース

日本渡航医学会

〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-11 NCKビル 編集室なるにあ内

tramedjsth@narunia.co.jp

TEL 03-3818-6450
FAX 03-3818-0554